【キングダム 659話考察】什虎の戦い 勝負有りだと思う3つの理由

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 659話考察】什虎の戦い 勝負有りだと思う3つの理由

魏軍の別働隊が持ってきた井闌車の橋が

什虎城に掛かってしまう所から始まった

キングダム658話「一つの覚悟」

城内は早くも大乱戦となります。

以前の動画では

什虎城を守るには

井闌車をいかに近づけないかが

何よりも重要になってくるとお話ししましたが

あっさりと井闌車の橋がかかってしまいましたね!w

【キングダム 658話考察】什虎城はなぜ落ちないのか?

これは勝負あったなという感じがあります。

魏軍の井闌車隊を率いるのは

顔が半分しか見えない袁比将軍。

城門が開くことを確信しているようで

騎兵に突撃の準備をさせています。

舞台は変わって

楚軍VS秦魏同盟軍の戦い。

楚軍本陣に迫る騰。

これを狙って白麗が矢をはなちますが

ギリギリの所で騰はこれをかわします。

騰が避けたその矢は

無名の什虎兵の後頭部に

おもいっきりブッささりました。

確実に死亡したかと、、、!w

騰は

「来ることが分かっていれば、当たることはない」

と、キリっとしたきめ顔で言います。

騰を行かせまいと

項翼が背後から追いかけてきますが

これを乱美迫が止めます。

項翼と白麗の妨害も上手くいかず

これにて騰が寿胡王の本陣深くに切り込むことが

可能になってしまいました。

寿胡王は本陣に迫り来る騰軍を見て

退却すると言い出します。

寿胡王の退却する理由としては

「満羽がおかしい」からという事です。

本来ならば千斗雲同様に

敵の前線まで激しく攻めあがる満羽が

今回は動きが鈍く

そのせいで満羽軍は

逆に随分と前線を押し込まれたと

分析しています。

寿胡王、とくにあんた今回の戦いでは

何もしてねー!w

何か策を打ち出すのかと思ってましたが

何もないんかい!w

これには不敗を誇ってきた什虎兵たちも

動揺してしまいます。

てか

いつもただ単純な力押しだけで

什虎軍が勝ってきた事が明らかになりましたね。

よくこんな戦術で無敗でこれたものです。

そんな寿胡王は

元から守るべきものなどない我々は

不敗かどうかなど

どうでもいいと言います。

それよりも全てを失くした満羽が

虚無を悟って以来

初めて本物の漢=蒙武に出会って

変化を見せている事の方が

戦の勝敗よりも興味深いと言います。

いや、いや!

それは個人的見解やで!w

寿胡王さん。

他の什虎兵や楚軍は

勝敗が大事と思ってるよ。

今まで無敗できた事を

誇らしく語っていたやん!w

軍を統括する軍師なんですから

責任を持って!w

そんな本物の漢=蒙武と

激しく一騎討ちを繰り広げる満羽。

ついに蒙武の強烈な一撃が満羽をとらえ

今度は逆に

満羽が地面に叩きつけられる事となります。

いよいよ最終局面に入ってきた什虎の戦い。

なので今回は

什虎の戦い 勝負有りだと思う3つの理由

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

什虎城

魏軍の井闌車の橋が

城壁に掛かってしまった什虎城。

魏の井蘭車の勢いに押されて

城内に魏兵の侵入を許してしまっている状態です。

什虎城に近づく前に

井闌車を止められる事ができれば

まだ防衛できる可能性はありそうでしたが

城内に魏兵の侵入を

許してしまっていることから

これは勝負あったなという感じがあります。

什虎城に残る什虎兵は5000人。

はたしてこの人数で什虎城守備兵たちは

ここから巻き返せるのか?

どう考えても

既に什虎城の城壁に降りた魏軍たちを

止める事はできないと思われます。

籠城戦の基本的な戦い方は

敵を城内に侵入させずに

いかに守って相手を削っていくか

にあります。

なので

既に魏兵の侵入を許してしまっている時点で

ここからの巻き返しは

不可能だと考えられそうです。

前話の次号ナレーションでは

什虎城への突入を試みる魏軍だが・・・?

と意味深な内容が書かれていました。

何かあるなと思っていたんですが

この状況からの巻き返しは難しそうです。

この魏の別働隊の攻撃は

すんなりいきすぎているので

もう一波乱ありそうとも思えますが

ここから何ができるだろうと考えてみましたが

何も思いつきませんでした。

以前の動画では

第五の将がいるのかもという考察をしましたが

この状況ではどんなに強い将がいたとしても

侵入されて城門を開けられれば

どうしようもありません。

なので

ここからの巻き返しは不可能だと考えられます。

これが勝負有りだと思う1つ目の理由になります。

スポンサーリンク

楚軍本陣

退却を決めた寿胡王ですが

満羽の異変以外にも誤算がありました。

それが秦軍の大将軍である

騰の圧倒的な突破力です。

ついに騰は寿胡王を捕らえます。

もう寿胡王の真横に迫っています。

武器も持っていない軍師の寿胡王

周りの側近たちも

騰を止めれるような強者がいないことからも

ここからの脱出は不可能だと思われます。

だってもう寿胡王の目の前ですもん。

このまま寿胡王は

騰に討ち取られてしうものだと思われます。

これが勝負有りだと思う2つ目の理由になります。

総大将対決

かつての自分に似ている

本物の漢=蒙武に出会って

変化する満羽。

そんな満羽は戦闘中にも関わらず

蒙武に語りかけます。

「蒙武

お前が何を背負っているかまでは分らないが

それがすでに死んだ人間の思いならば

永劫に力となるであろう。

だがそうではなく

生きている人間の

何かを背負っているのだとしたら

お前は一つだけ覚悟しておかねばならぬ…」

それに裏切られる事が

あるやも知れぬという事を」

と満羽が言ったことで

ブチ切れて力が解放された蒙武の一撃が

満羽に炸裂。

この一撃によって

満羽は地面に叩きつけられる事になります。

その時、蒙武の脳裏には

少年時代の自分と昌平君の姿が

くっきりと映っていました。

このことから蒙武は

幼なじみの昌平君の事を

信じているようですね。

昌平君との絆に傷をつけてしまった満羽は

蒙武の怒りの力を

目覚めさせてしまいました。

落馬してしまった満羽。

これに追い討ちをかけるような事は

蒙武はしないと思われます。

それが中華最強を目指す

蒙武という男です。

満羽にやられた事を

やり返すのだと思われます。

ただこの満羽のアドバイスは

現実のものとなりそうですね。

史実では

昌平君は秦を裏切り楚に還って王にな

中華統一を阻む事になっています。

その時の蒙武と昌平君の対決は

想像するだけでも

涙なしには見れなさそうですね。

このやりとりから

もう一つ分かった事があります。

それは満羽が虚無になってしまった理由です。

満羽は信じていた相手に裏切られた事によって

虚無を悟るようになったようです。

これは恐らくは

祖国の国王の事を指しているのでしょう。

国王を信じ

死力を尽くして戦ったにも関わらず

国王が先に楚に降伏してしまったのではないか

と推測します。

満羽は祖国から裏切られ

捨てられた事によって

虚無を悟る者に移っていったのではないかと

思われます。

以前は蒙武と同じ

大きな物を背負って戦っていた満羽。

なので満羽は蒙武の強さの源を

理解していると言えそうです。

満羽としても

背負うものがある方が強いという事は

理解しています。

そもそも背負うや想いを紡ぐは

キングダムのテーマです。

虚無を悟った者が

背負う者である蒙武に勝てる道理は

ないはずです。

そしてそれに加え

満羽が蒙武に話しかけすぎた事により

蒙武の力を目覚めさせてしまった事にもあります。

なので満羽の敗因は

蒙武に興味を持ってしまった事

蒙武に多くを語りすぎた事によって

蒙武の力を解放してしまった事

あるとも言えそうです。

これが勝負有りだと思う3つ目の理由になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました