【キングダム 651話考察】媧燐からの信頼も厚い”什虎城を守る戦馬鹿”たち!新キャラ4人の強さ&タイプについて考察!

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 651話考察】媧燐からの信頼も厚い”什虎城を守る戦馬鹿”たち!新キャラ4人の強さ&タイプについて考察!

キングダム650話「開戦の日」は

蒙武が3万の秦軍を率いて什虎城を目指し

進軍してくる所から始まります。

しかし魏国からの同盟の返事は

まだ来ていません。

魏軍ですが

最初からいきなり参戦してこないように思います。

頭の良い呉鳳明の事です。

なるべく自軍を傷つけずに

什虎城を取りたいと考えていそうですよね。

なので秦軍が攻勢に出た時

自分達にとって良いタイミングを見計らって

魏軍が現れると思えてなりません。

蒙武は魏軍の事が頭にあるのか

ないのか?

同盟の返事を待たずして

楚軍相手に進撃してしまいます。

援軍が来てから始めようという

蒙毅の提案も聞かずに

蒙武軍は突進してしまいます。

これは昌平君の書簡に書いてあった開戦日が

今日だと言う理由から来ています。

蒙武は攻め方も直上型ですが

性格もそのままですね!w

性格も真っ直ぐ

悪く言えば融通が効かない!w

とにかく頑固です!w

騰軍が援軍に来る事が分かっているなら

待ったら良いのにと思うのですが。

これに対して防衛する楚軍は

城で防衛するのではなく

8万の軍勢で討って出ます。

これを率いるのが什虎城の城主にして将軍の満羽

次に将軍の千斗雲になります。

龍と虎のマントをしている事からも

この二人が什虎城を守る筆頭将軍なのでしょう。

そんな中でも中心はこの人、満羽。

戦争ができると聞いて

目を輝かせている変態です!w

軍師として参戦している蒙毅も

この二人の名前は既に報告を受けているようで

数よりもこの二人の楚将に

警戒心を強く持っています。

それに加え楚将の玄右

軍師の寿胡王がその脇を固めています。

この4人は新キャラで

史実には名前がないオリジナルキャラになります。

什虎城を守る彼らは

戦馬鹿と媧燐から呼ばれており

信頼も厚いようです。

普通に戦っても

什虎城は絶対に落ちないという言葉からも

信頼が厚い事が分かります。

満羽と千斗雲は蒙武軍と戦えると聞いて

涙を浮かべ震えています。

戦馬鹿と呼ばれるだけあって

本当に戦える事を喜んでいます。

楚国はこういう変態キャラで固めていこうと

先生は考えているんでしょうか?

バミュウから始まり

この満羽と千斗雲も負けないぐらいの

濃さがあります。

各国に比べ

変態率が上がっているようにも感じました。

そんな満羽)を筆頭にした楚将たちは

蒙武の凄まじい突破を見ても

分かってない、分かってないねー!俺たちが

と余裕の表情を浮かべています。

この表情ひつとってもタダ者ではない

雰囲気を出しています。

なので今回は

什虎城を守る戦馬鹿たちの強さ

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

満羽

什虎城の城主にして将軍の満羽。

身体の至る所に刀傷がある事から

戦闘経験は豊富そうです。

また戦馬鹿と呼ばれるだけあって

戦う事を本当に愛しているのでしょう。

戦争ができると分かると

飛び跳ねるほど喜んでいる事からも

今までに数々の戦場を経験している事が

分かります。

将軍になるほどの男ですから

いくら変態でも

戦争の経験は豊富でしょう。

得物は矛で

恐らくは怪力を自慢とする

豪将のオーラを持っています。

秦軍との決戦が決まったときに

拳を勢いよく鳴らしてい事と

進軍する時の大きな体つきから

自分の力に相当な自信がある事が伺えます。

恐らくはこの満羽が蒙武と対峙し

汗明の時と同様に

剛力対決する事になりそうですよね!

スポンサーリンク

千斗雲

コチラも戦馬鹿の千斗雲将軍。

蒙武軍と戦えると分かり

涙を浮かべて震えるほど喜んでいます。

満羽とは反対に

冷徹な雰囲気を纏っています。

進軍の時の、この表情見て下さい。

目がつり上がっています。

血を欲している表情とも言えそうです。

恐らくですが

満羽のように力で押し込むタイプではなく

矛を使ってテクニック

技術を駆使して相手を切り刻むタイプなのでしょう。

騰のファルファル剣とぶつかれば

面白そうだなと思いました。

玄右

二人の楚将が濃すぎて

まともに見えてしまう玄右将軍。

満羽と千斗雲のボケに対して

冷静に的確にツッコミを入れています。

この事から玄右はツッコミ兼

戦馬鹿の二人が暴走しないようにする監視役でも

あるのかもしれません。

得物は剣で、進軍の時に

近くに武器を運ばせている礎兵がいる事から

二刀流という可能性もありそうです。

冷静で的確な判断をする玄右は

周りが見渡せる万能型の将軍なのかも

しれませんね。

的確な判断をすると言うのは

戦馬鹿の二人に対するツッコミから来ているので

材料としては薄いですが。

寿胡王

4人の中で唯一の軍師、寿胡王。

全体の戦略を練るのが

彼の役割だと推測されます。

戦争が起こると決まった時に

満羽が城の守りは五千で言いかと

問いかけている事からも

それは分かります。

この事からも戦争の全体図を描くのは

軍師の寿胡王になるのだと思われます。

いずれにせよ曲者揃いの戦馬鹿たち。

全戦全勝している事から

長い事戦をしていなかった事からも

その強さが伺えます。

今回の話をまとめますと

全体図を描く軍師の寿胡王

主攻・助攻にもなり得る存在の満羽と千斗雲

全体を見渡す玄右将軍といった

感じでしょうか?

合従軍編では臨武君が

大国・楚で将軍になれるのは

ほんの一握りの存在だと語っていました。

楚国の中では楚の将軍の格付けは

各国の大将軍と同等の認識だと。

大将軍前の騰に

あっさりと敗れてしまった臨武君の言葉は

嘘になってしまいましたが

あの言葉が覆るのかどうか

今回の戦いで

ついに楚の将軍の真の実力が見れそうですね!

あの言葉が真実の物なのかどうか

楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました