【キングダム考察】飛信隊の頭脳 河了貂の知られざる意外な真実

動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム】河了貂の知られざる意外な真実!どうなる?信との微妙な男女関係
スポンサーリンク

河了貂の人物録

飛信隊の頭脳・河了貂についてお話していきます。

河了貂は今は亡き山民族・梟鳴と呼ばれる

部族の末裔です。

小さい頃に身寄りをなくし

ならず者が集う黒卑村で

日銭を稼いで生きてきました。

突然現れた信と後の始皇帝・政とは

始めは金目当てで行動を共にしていましたが

いつしか仲間意識が芽生えるようになります。

信と政、2人とともに王弟の成蟜の反乱を鎮圧した

「元祖三人組」のひとりです。

反乱鎮圧後

山民族と共に山へ帰ることも考えたようですが

信とともに暮らす事を選択くします。

信が天下の大将車を目指しどんどん先に行くにつれ

いつしか自分も信と政に追いつきたい

「あいつらと同じ所にいたい」と

考えるようになっていきます。

ただ、どうしたら良いのか?

何をすれば良いのか?

迷っている時に

羌瘣は貂に「軍師」という選択を提案します。

食客に来ないかと誘われていた軍師育成機関である

昌平君の軍師学校へ彼女を推薦します。

食客とは

中国の戦国時代に広まった風習で

君主達が才能のある人物を優遇して養う代わりに

主人を助けるというものです。

軍師学校に入学後は蒙毅らとともに

戦術や兵法を学び、才能を伸ばしていきます。

こうして貂は信とともに戦場に出るための

第一歩を踏み出したのです。

飛信隊から羌瘣が抜けると

知略に長けた人物がいなくなり

飛信隊は連戦連敗を続けます。

そんな時に河了貂は軍師として隊に合流します。

始めは貂の事を認めていなかった隊員達も

貂の的確な指示により要所要所で勝ちを収めると

次第に信頼を寄せるようになります。

貂の初陣となった

魏軍の間永と水鬼率いる部隊を相手に勝利を収めまると

それ以降は娘軍師と呼ばれ

隊になくてはならない存在になっていくんです。

スポンサーリンク

河了貂の意外な真実

そんな河了貂ですが

キングダムの主要キャラのなかでは

唯一実在しないオリジナルキャラクターなんです。

貂はもともと家で信の帰りを待つか

王宮で政のサポート役として描かれる

予定だったそうです。

「僕は物語における大きな展開は自分で考えて決めて

曲げることは無いんですが

貂の扱いに関しては外部発信です(笑)」

と周囲の声によって貂を軍師にしたことを

原先生みずから明かしています。

これは貂に

はじめに考えていたサポート役以上の役割が与えられたため

変更することになったと言うことですね。

信との微妙な男女関係

あと気になる所は信との関係性ですね!

信のモデルである李信には李超という子がいるため

結婚しないで終わるという展開も考えにくいですし

なによりも作者の原先生も

貂については

男女間の問題を避けては通れなくなり

女性っぽさをだす加減には

気をつけていると語っています。

信の周りを貂を含めて

ハーレム状態にしても良いんですけど

まぁ、読者の評判悪そうですから

と言っています。

と言うことは信は誰か一人を選ぶとう事になります。

信の嫁候補として真っ先に思い浮かぶのは

河了貂か羌瘣ですよね。

これについては博士の考えた考察があるんで

また別の機会にお話しますねー!

本日のまとめ
  • 河了貂は主要キャラの中では
    唯一実在しないオリジナルキャラクターであり
    元々は軍師なんていう大役ではなく
    信か政のお手伝いさんのような役になるはずだった!
  • 羌瘣を含めた
    信をめぐる微妙な三角関係はいづれ決着が着く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました