【キングダム 657話考察】什虎の戦い 本陣争奪戦!鍵を握る武将たち!

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 657話考察】什虎の戦い 本陣争奪戦!鍵を握る武将たち!

呉鳳明の新たな戦術によって

什虎の戦いの戦局が大きく動くことになった

キングダム656話「興味がある」。

呉鳳明の新たな戦術とは

魏軍全体が助攻となり

主功である蒙武軍と騰軍の2軍で

楚軍本陣の寿胡王を狙うという物になります。

乱美迫軍副将の魚燕が

その作戦内容を大きな声で発しています。

作戦が敵にも丸聞こえ!w

この魚燕こと魚君も

かなり痛い様子が伺えますね。

最近の魚君は乱美迫よりも目立っています。

この忘れられないシルエットと言動で

存在感を放っている魚君。

もしかしたらこの戦いを通して

新たな逸材になるのかもしれません。

もちろん強い武将という意味ではなく

オギコやバミュウの路線ですが!w

乱美迫軍の介入によって

道が開けた蒙武軍と騰軍は

一気に楚軍本陣目指します。

対する楚軍も負けていません。

録嗚未一人では

その力を持て余している千斗雲は

現状が良く見えています。

秦軍が楚軍本陣を狙う中で

白麗軍・玄右軍もしくは

寿胡王がいる本陣のサポート

守りにいける事も分かっていながらも

面白い方である第3の選択を選びます。

それが

魏軍本陣にいる呉鳳明を狙う戦術です。

なので楚軍から見れば

魏軍本陣を狙う千斗雲が主功という形になります。

これによって

どちらが先に本陣を落とせるかと言う勝負に

戦局は大きく舵を切る事になります。

なので今回は

本陣争奪戦となった什虎の戦い

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

総大将対決

本陣争奪戦となった什虎の戦い。

この戦いの

一つのポイントになりそうな総大将対決

蒙武VS満羽について見ていきたいと思います。

次号ではこの一騎討ちが

メインの話となりそうです。

蒙武軍は満羽軍の防壁を突破して

楚軍本陣を狙う位置まで行けそうですが

蒙武自身は満羽との一騎討ちを選びます。

そんな満羽は蒙武に興味があると言います。

なぜなら

蒙武がかつての自分たちに似ているからです。

満羽は蒙武の事をこう評しています。

一人で最強を求める唯我独尊の者ではなく

何かを背負っていると。

だから蒙武は汗明に勝つことができたと

語っています。

王騎将軍なども言っていたように

将軍は背負うものがあると言うのが

強さの源になると言っていました。

それによって限界以上の力が引き出され

自分よりも強い者であっても

討てる事ができると

満羽は言いたいのでしょう。

信が龐煖を討ち取った力が

正にそれに当てはまります。

敵や味方などの多くの想いを背負ってたからこそ

信は瀕死の状態ながらも

限界以上の力を出し

武神龐煖を討ち取れたのです。

満羽は蒙武にも

背負っているものがり

それが強さになっていると言います。

なので

満羽は蒙武の強さの源を

理解していると言えそうです。

そんな満羽は

これまでの戦闘において片手しかまだ使っていません。

それは

蒙武との一騎討ちの最初の打ち合いでも同様です。

満羽は片手で

蒙武を地面に叩きつけてしまいました。

何と言う豪腕。

下馬してしまった蒙武。

自分の怪力には

絶対の自信を持っていた蒙武にとって

この事は始めての体験なのでは

ないでしょうか?

現状では

下馬してしまった蒙武より

騎乗している満羽の方が

断然有利になります。

通常であればこの機を逃さず

一気に攻め込む流れになりそうですが

満羽はそんな事はやらなさそうですね。

満羽は純粋な力のぶつかり合いで

相手を凌駕したいタイプに見えるからです。

条件が揃ってない今の状況で

不利な相手に対して斬りかかるとは

考えにくいです。

なので

蒙武が起き上がるのを待ち

完全な力の差を見せつけて

徹底した絶望を与えてから

蒙武を倒すと言う方向に

行きそうな感じがします。

それとは別に

満羽は国を失って

空っぽになってしまった自分達を討ち倒す

新しい力を求めているような感じも

あると思いました。

満羽は蒙武の事を

過去の自分と似ていると語っています。

なので蒙武を過去の自分と対比して

満羽は実力では俺の方が上だと

言いたさそうですね。

背負っている蒙武の力で

俺を倒してみよ

と言わんばかりの雰囲気があります。

国を失った満羽が

何を背負っているのかは分かりませんが

戦場でしか己を表現できない男。

国を失った満羽には

戦う事しかないように思います。

この一騎討ちは満羽にとっては

過去の自分との戦いとも取れます。

満羽としても背負うものがある方が強い

という事は理解しています。

なので

心の奥底では空っぽになってしまった

自分たちを超えるような新しい力を

どこかで求めているのかもしれないと思いました。

スポンサーリンク

新たな戦術

呉鳳明の新たな戦術は

見方を変えれば満羽軍と項翼軍

そして千斗雲軍を

どれだけ足止めできるかに

かかっているとも言えそうです。

このどれか一つでも崩れれば

楚軍本陣を狙う蒙武軍と騰軍は

背後を狙われ

挟撃されることになりますし

魏軍本陣の場合だと

呉鳳明が討ち取られてしまう可能性が

出てくるからです。

まずは魏軍本陣から見ると

千斗雲軍の突進に対して

呉鳳明は分かっていたと言わんばかりに

焦る様子もなく

劉范にも軍を魏軍本陣に回せと伝えています。

これによって

魏軍本陣の守りを固め

後ろの録嗚未軍と千斗雲を

挟撃する考えがあるものだと思われます。

それにしても

什虎の戦いに入ってからの録嗚未は

いつもと違いますね。

多くの秦軍の将校が

千斗雲が仮に呉鳳明を討ってくれるならと考える中

友軍は命懸けで守ると喝を入れています。

録嗚未

将軍として一皮向けた感じがあります。

ただ、この挟撃を持ってしても

千斗雲を討ち取れるのかというのは

また別です。

録嗚未と乱美迫の二人を持ってしても

千斗雲にはまだまだ余力が残されているように
感じました。

録嗚未一人で千斗雲と対峙している時は

相当苦戦しています。

一騎討ちでは録嗚未的にはかなり不利です。

周りを見渡しても

千斗雲を討ち取れる将はいてません。

ただ、この戦術の狙いは

楚軍本陣を落とすことにあるので

千斗雲を討ち取る必要はありません。

なぜなら

この戦術は蒙武軍と騰軍の主功が

楚軍本陣を落とす事が目的だからです。

なので魏軍本陣と録嗚未軍が協力し合い

どれだけ千斗雲の足止めする事ができるかが

この戦術の鍵になると言えそうです。

そしてもう一つの鍵になるのが

魏軍の最大戦力を誇る乱美迫軍になります。

この一軍で満羽軍と項翼軍を止めれるのか

と言うところがポイントになってきそうです。

この乱美迫軍が楚軍に突破されるようなことがあれば

楚軍本陣を狙う蒙武軍と騰軍は背後を狙われ

逆にピンチに襲われることになります。

乱美迫軍が

しっかりと満羽軍と項翼軍を止めれることができれば

秦国でも最強に近いこの二軍で

楚軍本陣を攻め込むことができれば

什虎軍の頭脳

寿胡王を討ち取れる可能性は

非常に高いと言えそうです。

なので

この呉鳳明の新たな戦術は

助攻である魏軍+録嗚未軍が

どれだけ時を稼げるかと言う戦術とも

言い換えることができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました