【キングダム 644話考察】悼襄王の元に何が起こるのか!李牧救出のクーデター成功の鍵は「あの男」が関係している!

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 644話考察】悼襄王の元に何が起こるのか!李牧救出のクーデター成功の鍵は「あの男」が関係している!

今回のキングダム643話「覚悟の通達」は

信が将軍に昇格した事で

飛信隊の隊員達が集まって宴が開かれる

和気あいあいとしたシーンから始まります。

そして李信軍、新生・飛信隊の構成図が

発表されました。

五千人隊の羌瘣隊も合わせると

1万五千人の大部隊、軍になります。

大きくなりましたね〜!

簡単に紹介させてもらうと

将軍李信を筆頭に千人将が七人。

今まで副長でありながら

ポジションが不明だった渕さん、楚水

他には我呂なんかが千人将に選ばれています。

最古参のメンバーは全員が百人将以上。

その中には

賑やかし担当の尾平も入っています。

これは信が将軍になると同じぐらいの

インパクトが個人的にはありましたね〜

まさか尾平も百人将に選ばれるとは!

百人将にしてあげてと思っていましたが

実際昇格すると嬉しいような

少し寂しい気持ちになりました。

尾平自身も俺は什長ぐらいが

丁度いいと叫んでいました。

そう!そう!それ、それ!

と思いました。

少し寂しい気持ちになったのは

尾平が出世しすぎた所にありますね。

そんな飛信隊は

一月の厳しい練兵の後

再び激戦の待つ鄴に向かいます。

しかし多くの隊員達が必死で練兵を行う中

偵察部隊の石隊は完全にふざけてますね。

リズムに合わせて踊りの練習をしています。

石、個性が光っています!w

そして舞台は変わり趙国です。

楽しいムードの秦国とは一転

趙国は荒れに荒れています。

なぜなら李牧救出の為のクーデターが起こり

趙国は内戦状態に突入していたからです。

舜水樹を筆頭に腹心達が

必死に李牧を助ける為に武力行使に出ています。

しかし郭開の策略なのか

李牧が閉じ込められている牢獄は

未だに見つけられずにいます。

これからの邯鄲は

この郭開VS舜水樹率いる李牧の救出隊を中心に

大荒れしそうです。

郭開は少し余裕がなくなっているのか

人相が更に悪くなっています。

それとは対照的に

悼襄王はまだまだ余裕がありそうです。

李牧の酷い殺め方を想像して

笑ってるぐらいです。

これは悼襄王が邯鄲で起こっている全容を

知らないというのもあるのだとは思いますが…

そして

趙国の運命が大きくうねり狂うという言葉を最後に

今回のキングダムは終わりました。

この「趙国の運命が大きくうねり狂う」

という意味は何を表しているのでしょうか?

これは悼襄王の死なのか

はたまた李牧の処刑を表すのか?

次号では悼襄王の元に何かが起こるようです。

なので今回は

悼襄王に何が起こるのか

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

死神

悼襄王の元に現れるのは

死神なのかもしれません。

病がちな悼襄王はいつ死んでも

おかしくありません。

じじつ自分は病に犯されていて

寿命が長くない事を語っています。

わざわざ病弱な設定にしたのも

李牧を助けるための

伏線なのかもしれないと思っていましたが

どうもまだピンピンしていますね。

いつもの豪華なお風呂に

子供達と一緒になって入り

李牧の処刑を想像して何やら楽しそうです。

絶好調と言っても良さそうです。

ただの変態ですが、、、w

なので病でポックリ亡くなるという線は

可能性としては残っていますが

少し低くなったようにも感じます。

キングダムの伏線は

使われない事もありますからね。

信との死闘の末に出てきた

龐煖の生い立ち

ハンドパワーもその一つです。

そのハンドパワーで信を復活させるんんじゃないの?

と皆さんも思ったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

太子嘉の進言

悼襄王の元に現れるのは

趙国の光である太子嘉なのかもしれません。

この李牧処刑の王命を覆すには

強い力が必要になってきます。

そこで趙国内の強い力と考えると

次の王になる予定の太子嘉が考えられます。

太子嘉は父・悼襄王と正反対の考えで

李牧に信頼を寄せていますし

心酔している節もあります。

更には朱海平原の戦いに入る前に

必要であれば兵の士気を上げる為に

自らが前線に出る覚悟もしているほど

趙国の事を思っている人物でもあります。

趙国の事を考えると

李牧を失う事が

どう言う事かは痛いほど理解していそうです。

なので太子嘉が悼襄王の元に現れ

李牧の処刑の中止を進言する可能性は

ありそうです。

史実を見ると

どういう経緯かは分かりませんが

太子嘉は後に

太子の称号を剥奪されています。

もしかしたら

李牧の処刑に対して悼襄王に進言する事が原因で

太子の称号を剥奪されてしまうのかも

しれません。

郭開の裏切り

コチラの可能性もありそうだと思いました。

歴史的にも郭開は

趙国を滅亡に導いた元凶とされています。

腹に一物を抱えてそうな郭開。

その心中は良からぬ事を考えてそうな人相を

しています。

今は悼襄王の側近として動いていますが

旗色が悪くなれば

クーデター側に寝返る可能性もありそうです。

秦国に攻め込まれている時でさえ

余裕の郭開でしたが

最近は余裕がないようで

人相が更に悪くなってきているように感じます。

なので劣勢になってくれば

悼襄王を裏切り

舜水樹達の部隊を招き入れ

王を暗殺させる手引きをするのではないかと

思いました。

ここからは想像になりますが

悼襄王を暗殺した後には

自分の操り人形である

史実的には次の王になる幽繆王を強く推して

自分の地位を盤石なものにしようとするのではないかと

思いました。

キングダム初期の頃の

呂不韋と政との関係に似たような感じに

なるのではと思いました。

その結果、趙国は痩せ細り滅亡へ。

これならば郭開が趙国を滅亡に追い込んだことになり

歴史的にも辻褄があいます。

しかしこの場合

作中では次の王になる予定の太子嘉は

どうなるの?と言うことになりますが

もしかしたら

先程紹介させてもらった太子嘉の進言により

太子の称号剥奪が

同時に行われるのかもしれません。

他にも舜水樹達のクーデターによる独自突破も

可能性としては低いですが

考えられます。

ですが一筋縄ではいかなさそうなので

先程紹介した太子嘉の進言

郭開の裏切りが起こるのではないかと

考察しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました