【キングダム 646話考察】新趙王誕生で李牧と太子嘉の運命は?残された2つの選択!

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 646話考察】新趙王誕生で李牧と太子嘉の運命は?残された2つの選択!

キングダム645話「趙王の命」では

悼襄王が急死した事によって

荒れに荒れた趙国。

そんな中で次の趙王になる予定の太子嘉が

指揮を取り出した事によって

まずは李牧が釈放されます。

更には今まで悼襄王を諫めた罪で投獄されていた

優秀な文官・有力者たちも釈放され

元気を取り戻した趙国。

それとほぼ同時に李牧の指示によって

邯鄲王都軍が出兵し

趙将・扈輒が張っている防衛線に到着。

趙軍の援軍が来たことによって

王翦は後退を余儀なくされ

作戦を練り直さなければならなくなります。

この秦軍の後退は李牧の読み通りで

次の戦場を平陽に誘導しようとしています。

この平陽の地とは

史実的には桓騎と扈輒がぶつかる事になる場所になります。

なので戦場の名前が上がっている事からも

この決戦は実現されそうな感じがありますね。

そして舞台は趙国内に戻ると

李牧を中心に防衛の為の軍略会議が

行われています。

そんな時に

大勢の近衛兵を引き連れて郭開が突如現れ

会議をしている文官達

太子嘉も含め一斉に包囲してしまいます。

郭開は勝ち誇った顔で不敵に笑っています。

そんな緊迫した中で

英書記官が前に出てきます。

英書記官は太子嘉が

李牧の処刑中止を訴えた後

悼襄王が郭開よりも先に呼び出した人物です。

英書記官は悼襄王が亡くなる半日前に

残した言葉を読み上げます。

そこには次の王位を末子の遷に継がせると、、、、

これにより暗君と呼ばる幽繆王が誕生してしまいました。

こいつも悼襄王に負けてないくらい

人格が破綻しています。

遷は人を目隠しして

馬乗りで登場する奇天烈野郎です。

一度は光が見えた趙国でしたが

また闇に元通りに戻ってしまいます。

ペットのように扱っている人間達には

ナイフで斬った、刺したような跡があります。

この遷と言う人物を見る限り

人に危害を与えると言う意味では

悼襄王よりも酷いのかもしれません。

この遷の隣にいる女性

江姫(こうひ)

この人が遷の母親なんでしょう。

趙王である遷の頭を撫でている事もありますが

切れ長の目、顔がそっくりです!

李牧処刑の中止を進言した事が

気に食わなかったのか

悼襄王は王位を

太子嘉から遷に変えてしまいました。

ほんまに悼襄王は最後までクソ野郎!w

これからさらに荒れそうな趙国内。

これからどうなるんでしょうか?

なので今回は

新趙王誕生で李牧と太子嘉の運命はどうなるのか

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

李牧続投?

まず気になるのが釈放されたばかりの李牧が

このまま軍総司令として

トップになって指揮するのかと言う所です。

李牧が出兵命令を出した王都軍ですが

またこれを邯鄲に戻すとなると

王翦にまた良いように攻め込まれそうなので

趙王・遷も李牧を使う可能性はありそうです。

しかし

こいつに軍事の事が分かるのか?

分からないでしょう!

遷を見る限り

まだ小柄で10歳を少し越えた程度でしょうか?

こんな奇天烈野郎が

国の存亡を賭けた戦いであったとしても

興味があるとは思えません。

遷を動かせる可能性があるのは

母親である江姫(こうひ)だけではないかと

考察します。

なぜなら遷は江姫(こうひ)に頭を撫でられても

嫌がってないところを見ると

まだ母親離れができてない可能性があり

江姫(こうひ)の言う事だけは聞くのかもしれません。

その江姫(こうひ)は郭開と

強い結びつきがありそうな様子です。

悼襄王の死後

真っ先に会いに来たのが郭開だった事からも

それは分かります。

なので郭開は江姫(こうひ)との結びつきを利用して

遷を操り人形にして動かし

ここから郭開による恐怖の傀儡政治

始まりそうな可能性もありそうです。

郭開は

なんとしても李牧を処刑したがっていた人物です。

郭開は王翦軍の動きに対しても

扈輒将軍に任せておけば大丈夫だと言う考えなので

軍事の事は分かっておらず

李牧は不要と考えているのかもしれません。

なのでこの事から考えて

遷を動かし李牧を再投獄

処刑させる可能性も考えられそうです。

しかし秦軍が邯鄲に迫っている状況なので

李牧に引き続き軍総司令として

趙軍を動かしてもらった方が良いのは

明らかです。

李牧の指示で王翦軍を後退させる事ができたので

郭開としても李牧をこのまま使う可能性もありそうです。

なので李牧の再投獄の通達は

可能性としてはあると思いますが

もしかしたら

自国を守るために李牧を使うと言う選択も

残っているのかもしれません。

スポンサーリンク

太子嘉

趙国の光と呼ばれた人物、太子嘉。

趙王になった遷と郭開達にとっては

無用の存在、むしろ邪魔な存在です。

郭開に至っては

悪臣の根元だと考えていた太子嘉は

引っ捕らえるつもりでいました。

この事から考えて太子嘉を

牢獄にブチ込むなんて事も考えられそうです。

もうすでに遷が趙王になってしまった事から

太子の称号は剥奪されているのかもしれません。

史実を見ると太子嘉は趙が滅亡した後に

一族を連れて逃亡し

亡命政権である代を建国し

代王嘉となる人物です。

なので遷と郭開達に投獄される前に

逃亡する可能性も考えられると思いました。

もしくは李牧によって

助けられるのかもしれません。

李牧が太子嘉を守る

太子嘉が投獄送りになる可能性は

非常に高いと思います。

理由は先程紹介した通りなんですが

その投獄送りは李牧にもあります。

史実を確認すると李牧を大将軍に任命するのは

幽繆王である遷です。

李牧が歴史に登場するのは

キングダムの今より少し先の話になります。

もっと秦軍の刃が

邯鄲に迫ってからの話になります。

李牧は太子嘉の事を趙国の光

希望として見ています。

なので絶対に死なせたくはないはずです。

なので李牧のこれからとる行動は、逃亡

もしくは郭開達から出された条件を飲むしか

なくなるのではないかと推測します。

自分も処刑される可能性もありますしね。

軍議の最中と言う事もあり

ここには李牧一党と太子嘉を心から慕う腹心達が

集まっています。

それを取り囲む近衛兵達も

太子嘉を捕らえたくないと言う事が

表情から分かります。

この状況を打開するために力技で

突破する事は可能だと思います。

なので李牧は太子嘉を守ために

逃亡する事がまず考えられそうです。

ここで逃亡する場所なんですが

それは恐らく今趙国内で1番安全な

北の土地を選ぶのだと考察します。

北の土地

その場所とは青歌城になります。

青歌には中央嫌いな司馬尚がいます。

ここで李牧と司馬尚が繋がるのだと予想します。

史実的には李牧と司馬尚は

キングダムの今の時代から2、3年後に

邯鄲の防衛にあたる事になっています。

なので李牧不在の中

秦軍対扈輒の戦いが始まり

苦戦を強いられた趙国。

主だった武将がいなくなり

秦軍の刃が邯鄲に迫った時に

李牧を呼び戻すような展開になるのではと

予想します。

2つ目に考えられそうなのが

太子嘉の安全と引き換えに

郭開達の良いなりになる条件を飲むと言う事も

考えられそうです。

あの悪巧みが得意な郭開ですから

これぐらいの事は考えつきそうです。

普段は辺境の地で生活をさせ

用がある時だけ呼び出されるような生活にし

李牧を使おうとするのかもしれません。

遷の登場で

郭開が力を更に強める事を考えると

これからの趙国は更に混乱を招きそうです。

秦軍にとっては嬉しい事ですが

不運な運命の李牧が

少し可哀想に思えてなりません。

太子嘉を狙われる李牧にとっては

残された選択枠多くはなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました