【キングダム 654話考察】什虎の戦い 再配置後の局地戦まとめ!

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 654話考察】什虎の戦い 再配置後の局地戦まとめ!

キングダム653話「共闘せよ」では

魏軍7万が到着した事によって

大きく戦況が動いた什虎の戦い。

魏軍を見た寿胡王は危機感を感じ

すぐさま厳令の銅鑼を鳴らし

楚軍は配置換えを行います。

乱戦になるかと思いきや

一旦ここで仕切り直しとなります。

もともと蒙毅も大将蒙武を

下がらせたかったこともあり

双方が一旦は引き下がることになります。

両軍の再配置後の陣形はこんな感じです。

大きく配置換えが行われた事によって

今まで考えた考察は白紙となってしまいました!w

蒙武軍3万VS什虎軍8万から始まったこの戦いは

援軍合戦と戦局スピードが早かっただけに

このまま一気に最終決戦まで

もつれ込むかなと思いましたが

そうはなりませんでした。

魏軍が到着した事によって

秦魏連合軍は12万。

什虎軍+援軍で来た項翼軍たちをあわすと

楚軍は11万。

お互いに兵数としては

ほとんど差がなくなりました。

ここからが本当の戦いになりそうです。

この両軍の再配置後の

各将の置かれた位置を確認すると

分かりやすいぐらいに

同じ属性同士が睨み合っています。

なので今回は

什虎の戦い 再配置後の局地戦
についてまとめてみました。

何でこんなに似た者同士をならべたのか?

というぐらに

同じ属性同士が相対している形になっています。

スポンサーリンク

蒙武VS満羽 大将&怪力対決

言わずと知れた秦国が誇る豪将、蒙武。

昌平君からは

武をもって策を破る人物と称されるほど

その力には定評がある怪力将軍です。

これに対するのが什虎軍大将の満羽。

コチラもなかなかの怪力キャラですね。

近くにいた秦兵が言うには

体の大きさは蒙武並かそれ以上。

キングダムではこう言った誇張表現は

しばしば使われるので、ご参考までに!

しかしそんな満羽は片手で矛を振り回し

馬ごと真っ二つにしています。

今まで

片手で矛を振り回す将はあまりいなかっただけに

蒙武とのパワー対決は見ものです。

そんな蒙武は過去にドドンドおじさん事

大将軍汗明を

一騎討ちで撃破している事から

この勝負は蒙武に分があるように感じます。

この事から考えると

満羽が蒙武に対して

どれくらい粘れるのかという戦いには

なりそうです。

スポンサーリンク

騰VS項翼 因縁の剣撃対決

お互いに得物は剣。

騰のファルファル剣VS項翼の莫耶刀対決になります。

過去にこの二人は一戦交えています。

その時は勝敗はつかずで

因縁だけが残る形となりました。

項翼は騰に強い恨みを持っています。

まだ騰への恨みは消えていないようで

項翼は騰を見るなり

臨武君の仇だと熱い想いをこみ上げさせています。

それは函谷関の戦いで

項翼が心から尊敬していた将軍

臨武君を騰が討ち取ったからです。

あれから時が経ち

将軍にまで昇格を果たした項翼。

この勝負の行方はどうなるのか?

この対決は決着がつかないように思います。

なぜなら

両者ともにキングダムの主要キャラだからです。

騰は後に韓を滅ぼす事になっていますし

項翼にしても楚を引っ張る若手の星です。

その二人が

こんな史実的には知名度の低い戦いで

命を落とすような事はないと思うからです。

なので

この対決はまたも引き分け

もしくは

展開次第では対決しないのかもしれません。

録嗚未&乱美伯VS千斗雲 特攻隊長対決

この局地戦の1番の見所と言って

いいんではないでしょうか?

乱美伯にしても千斗雲にしても

まだ作中では

その実力が明らかになっていません。

千斗雲は片手で

秦兵を真っ二つにするほどの剛の者。

しかも戦闘狂です。

対する乱美伯も

元六将の王騎や摎が手を焼いた程の強者。

千斗雲も戦闘狂なのは分かりますが

この乱美迫には敵わないと思われます。

なぜなら

乱美迫はマジもんの戦闘狂です。

いつも目は血走っていて

人間味らしい所が一切ありません。

作中でもこの狂気を超えるような存在は

そうはいません。

そして

騰軍が誇る笑いもとれる特攻隊長、録嗚未。

この3人の中では一番まとも!w

しかし今の所

この三人の中で一番力が劣るのが録嗚未。

録嗚未も

敵か味方か分からなくなっている秦兵と魏兵に

喝を入れるなど

将軍として成長している事が伺えますが

一騎討ちで千斗雲を討ち取れるほどでは

ないようです。

笑いという意味では

良い仕事をしていますが

この対決にどう絡んでいけるのかが

注目ポイントになってきそうです。

荀詠&龍范VS白麗 イケメン対決

これでもかってぐらいに

イケメンで揃えられたビジュアル対決。

ビジュアルの面だけで考えると

魏軍の勝ちですかね?w

魏将・荀詠は作中でも屈指のイケメンです。

しかも顔が半分以上隠れている劉范も

なかなかの精悍な面構え。

白麗も整った顔をしていますが

ここは2対1で魏軍の勝利としました!w

前回の動画ではバランス型の荀詠

守りに強い将軍、劉范と考察しました。

なので

ここは攻めを荀詠が担当して

守備を劉范が受け持ち

白麗軍に当たるのだと思われます。

劉范はこれだけ顔を隠した兜と

厚手の鎧を着込んでいます。

自らが重装歩兵風なので

重装歩兵を指揮する

守りに特化した将軍なのかもしれません。

そうなると白麗軍の弓矢隊とは相性が悪い。

(弓矢を使う白麗にとっては)

この事から

この局地戦は魏軍有利のように感じます。

しかし

そんな白麗軍だけは他の楚軍とは違い

小隊ではありますが

項翼軍のサポートができるような体制が

とられています。

いつも二軍で連携を測ってきた

項翼軍と白麗軍です。

函谷関の戦いから

かなりの時間が経過しているので

練兵を繰り返し

相当な精度になっているものだと思われます。

連携には自信がある事から

白麗軍だけは

このような布陣になっているのだと思われます。

玄右VS馬介 陰キャ対決

今の所は什虎軍の中では

一番冷戦でまともそうな玄右将軍。

言い方を変えると影が薄いとも言えますが。

それに対するのは

不気味な魏将、馬介です。

目がたくさんついてる甲冑を着込んでいます。

これは特注品でしょうね!w

なぜ、その甲冑をオーダーしてん!w

サイコパスっぽい雰囲気があり

死んだ魚の目をしています!w

どちらも地味そうな両者。

コチラの戦いはほとんど

描かれない可能性さえありそうです。

呉鳳明&蒙毅VS寿胡王 軍師対決

亡国の王族にして

大軍師と言われていた存在の寿胡王。

同じく大軍師である霊鳳を

二年の歳月を経て

追い抜いたはずの大軍師になっている呉鳳明。

そこに

まだまだ実戦において

自信の無さが残る蒙毅という対決になります。

これだけ優秀な駒が揃っていると

軍師としては面白いでしょうね。

この戦いは実質

呉鳳明VS寿胡王の対決になりそうですね。

どちらも大軍師なので

この戦略勝負も見ものです。

秦と共闘するのは死ぬほど不本意と言いながらも

ノリノリですり潰すのポーズをして

気合が入っている呉鳳明が

霊鳳の死から

どれほど成長したのかが注目ポイントになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました