【キングダム 664話考察】後輩が羌瘣に会いにきた目的

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 664話考察】後輩が羌瘣に会いにきた目的

ついに羌瘣に迫る影の正体が判明。
キングダム663話「羌瘣の噂」

羌瘣は朱海平原で仮死状態だった信を助けて以来、調子が戻らずに、寝てばかりの状態が続いました。
そのため戦中にも関わらず深い瞑想を繰り返し回復に努めていました。
その回復経過は順調のようで、羌瘣もやっと安心した時に
突然大きな黒い影が羌瘣に忍び寄ります。
羌瘣自身も始めての体験のようで、瞑想をとき、バッと起き上がってしまうほどです。
その影の正体とは、この人。

自身を羌瘣の後輩と名乗る人物です。
この影と対比して見てみると、襟足部分が一致しているので、この羌瘣の後輩と名乗る人物が羌瘣を襲った影の正体という可能性は高そうです。

もの凄い禍々し雰囲気を身に纏っていますが、恐らくはこれは羌瘣の妹分である識と礼のどちらかだと思われます。
どちらかというと羌礼の可能性が高いように思えます。
羌礼と思った理由としては二つあります。
一つ目の特徴として少し口調が荒いという所です。
二つ目としては羌象が使っていた愛刀の白鳳らしき剣を使っている所です。
羌識は寡黙な雰囲気で話し方はポワーンとした感じです。

その羌識と対照的なのが羌礼です。
よく喋り、羌瘣に「男ができたな」とズバッと発言したのも羌礼になります。
この事から考えると、どちらかと言うと羌瘣の後輩と名乗るこの人物は羌礼の可能性が高いのかなと考えられます。
しかし、この禍々しい雰囲気。
これは蚩尤を決めるための戦い、祭をくぐり抜けてきた可能性もありそうです。

祭は蚩尤を決めるための戦いです。
祭は一族の代表として二人選出され、集められた全部族が一堂に会し、最後の一人になるまで斬り合うと言う儀式です。
その最後の一人が蚩尤となるわけです。
なので最後の敵が同族という可能性もあります。
祭に同族から二人選ばれる理由もココにあります。
前蚩尤であった幽連も実の妹をその手にかけたことによって、怪物に変わったと言っていました。

なので祭は人格を変えるには十分な儀式なのです。
もし識が礼を斬ったとしたら、このような禍々しい雰囲気を纏っていたとしても不思議ではありません。
そして羌象から続く白鳳を受け継いだという可能性も考えられそうです。
なので、この時点では羌礼と断定できない所があります。
ただ羌瘣にとっての緑穂のように蚩尤族は愛刀を生涯の相棒とする所があります。
なので白鳳の持ち主である羌礼の方が、この羌瘣の後輩と名乗る人物である可能性が高いように感じます。
しかし羌瘣に会わせろというこの人物は、一体何をしにきたのでしょうか?
全然友好的な態度ではありません。
なので今回は後輩が羌瘣に会いにきた目的について考察していこうと思います。

スポンサーリンク

報復

コチラの可能性が一番高いように感じます。
それは見ての通りなのですが、とても友好的ではなく、好戦的な態度、禍々しい雰囲気を身に纏っているからです。
羌瘣は蚩尤族からしたら、裏切り者です。
祭の敗者は一人残らず骸になることが掟です。

しかし羌瘣は姉である羌象の計らいで、眠り香をたかれて祭を辞退しています。
その時に祭に駆けつけた羌瘣は、蚩尤族の長老から掟を破ったということで自害するように命令されますが、逆上した羌瘣は長老の手首を斬り飛ばしてしまいました。
なので羌瘣は蚩尤族からすれば完全な裏切り者になるわけです。
今までは不思議と追ってに追われるような事はありませんでしたが、現蚩尤であるであろうこの後輩が掟に従って、羌瘣を討ちに来たという可能性はありそうです。

しかも羌瘣は自身の復讐のために前蚩尤であった幽連を討ち取っています。
その幽連の死体が発覚したことによって、祭が決行されました。
なので幽連の死体が発覚したという事は、その切り傷から羌瘣がやったと判断されたのかもしれません。
裏切り者で、なおかつ前蚩尤を討ち取ったとなると蚩尤族としてもプライドがあるでしょうから制裁を加えなくてはならないと判断したのかもしれません。
そのため現蚩尤である羌瘣の後輩であるこの人物が、羌瘣に報復に来たという線が可能性としては一番考えれそうだなと思いました。

スポンサーリンク

報告

今までは識と礼、羌瘣は姉妹として良好な関係を続けてきました。
なのでただ単に報告に来ただけという可能性もあります。

祭が行われた事、現在の里の状況なども含めて現蚩尤は自分だと伝えに来ただけなのかもしれません。
それにしては好戦的な態度ですが、祭をくぐり抜けたことによって戦闘中はもう禍々しいオーラを消すことができないのかもしれません。
蚩尤になってからまだそれほど経っていないでしょうし。
片割れを失った蚩尤ですから話し相手も、もういないでしょう。
なので同族出身にして姉貴分である羌瘣に報告とともに、少しだけ話をしに来たという可能性も少なからずあるのかなと思い、候補に挙げせてもらいました。

副歩兵長?

趙攻め、邯鄲攻略戦を続ける秦軍。
その中で不調が続く飛信隊。
その原因は元副歩兵長だった松左の不在と羌瘣の不調にあります。
この前者の問題である副歩兵長の問題。
歩兵の問題は怪物級の助っ人が加入するしか解決しないと我呂が語っていました。

この副歩兵長にこの羌瘣の後輩が入ってくれれば、この問題は一気に解決に向かいそうです。
なんたって現蚩尤の可能性もありますし、巫舞を使い一人で趙兵を何百人も斬り倒しています。

これだけでも誰の目から見ても実力があることが分かります。
これは羌瘣クラスである事は間違いなさそうです。
不思議とこの後輩は秦軍には手を出していません。
斬り倒しているのは趙兵のみ。
飛信隊に加入するという線は薄いようにも感じますが、趙兵にしか手を出していない所と飛信隊の副歩兵長の問題を解決してくれる逸材な事は間違いないので、候補に挙げさせてもらいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました