【キングダム 642話考察】休載後の新シリーズの展開!論功行賞後はどの大戦・時間軸から始まるのか考えてみた!

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 642話考察】休載後の新シリーズの展開!論功行賞後はどの大戦・時間軸から始まるのか考えてみた!

今回のキングダム641話は

飛信隊が咸陽に凱旋帰国するシーンから始まります。

それにしても飛信隊、スゴい人気です。

小さい子供はもちろんの事

ファンの女の子達が花束を持って

キャー、キャー騒いでいます。

飛信隊は秦国の英雄です!

これは疲れも吹っ飛びそうですねー

現代で言うスポーツ選手の

凱旋と同じような状況です。

尾平はここぞとばかり

嘘をついて女の子をナンパ!w

三大天を倒したって!w

話を盛りすぎです!w

そんな事を言いながらも

尾平は東美ちゃんに会いたいと言います。

その手は、やめなさい!w尾平!w

飛信隊の品格をしっかりと下げています!w

貂に至っては朱家の名家?

孫を連れた老人から求婚されています。

河了貂は

まだお孫さん子供だし、、、と断りますが!

しかしこれは

まさかの老人からのプロポーズでした。

お前かい!w

その人気っぷりは

名前が通ってない歩兵である干斗達にまで

及んでいます。

飛信隊は一躍、秦国のヒーローです。

そして帰ってきたと同時に

田有に頼んでいた信の家が完成したようで

飛信隊の皆で見にいく事になります。

以前住んでいたボロ小屋を見て

信は何か変わったか?と

小屋の壁を見て

前より渋くなった気がと、、、

隊員達もあまりのボロさに、ドン引きです。

信、それはボケなの!w

しかし信は至って大真面目。

と思いきや、隣の大豪邸が信の新居です。

この新しい屋敷とボロ小屋の対比

ホントに出世しましたねー!

お手伝いさん何人いるんやろう?

それにしても信は五千人将になっても

以前のボロ小屋に住んでいたんですね〜!w

驚きです!

これを見るだけで

信は住まいや他の事には目もくれず

大将軍の道を目指し続けてきたんだなと

感じさせられます。

そして信の屋敷で飛信隊の皆とその家族を含め

宴が開かれます。

ここでも河了貂と竜有の料理人コンビは

料理に精を出しています。

そして信が今回の武功で将軍になれるのか?

と言う話題になり

尾平はそれを想像しただけで大号泣。

その涙を東美ちゃんがすかさず

お椀で拾ってくれてます。

なんて良い子なんだ〜、東美ちゃん。

尾平、早くお嫁さんにもらってあげないと!w

その後

信は王宮で政と会って

苗字の姓をもらう事になります。

そうです!

あの李信の「李」の文字です。

これは漂がもらい受けていた姓と同じで

その由来は嬴政がよく食べていた「スモモ」からきています。

まさか「スモモ」からきていたなんて。。。

以前の動画で上げているんですが

李牧の李の文字を受け継ぐんだと思っていたんですが、、、

【キングダム 漫画考察】信はどうやって「李」の姓を手に入れるのか?そこには不運の将・李牧が関係しているのでは?

全く関係なかったんですね!w

こうして長かった謎である「李」の姓を貰った信は

李信となり

次号からは李信将軍となります。

これにて鄴攻略編が集結。

それに伴いキングダムは3号分休載となり

新シリーズに入るために1ヶ月近くお休みとなります。

キングダムロスが始まってしまいますねー。

なので今回は

新シリーズがどの時間軸から始まるのか?

と言う事について考えていきたいと思います。

次号は恐らく信が将軍になる事が決定した

論功行賞から始まるのだとは思いますが

その後の展開

どの大戦から始まるのかについて

考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

李牧の救出

鄴攻略編が集結したものの

まだ趙国内では大問題が残っています。

李牧の救出です。

舜水樹は王を殺めてでも

李牧を救出すると言っており

これからクーデターでも起こるのか

と言う雰囲気を残しています。

李牧の救出については

多くの将校が賛同しています。

この事から考えて

新シリーズは李牧の救出劇から

始まるのかもしれません。

史実を確認すると

ここから起こる展開としては

悼襄王の死と、太子嘉の廃嫡です。

秦国の最大の敵である李牧が

こんな所で斬首され

終わってしまうとは考えにくいので

何かしらの李牧救出イベントが待っているのだと思います。

まだ趙国も滅んだわけではありませんしね。

李牧の救出には先ほど上げさせてもらった2つの事のどちらかを

絡ませてくると考察します。

まずは悼襄王の死から見ていきましょう。

病弱な悼襄王はいつ病でポックリいっても

おかしくない状況です。

なのでこの悼襄王の突然死によって

李牧は救われるのかもしれません。

もう一つの太子嘉の廃嫡の場合だと

李牧の斬首を太子嘉が必死に抗議し

阻止を図った事により

太子の称号を剥奪させられるのかもしれません。

もしくはこれから起こりそうなクーデターの支持者の先頭に

太子嘉が立つ事になるのかもしれません。

その結果

太子嘉は廃嫡され

李牧を救う代わりに太子の称号を

失ってしまうのかもしれません。

スポンサーリンク

平陽の戦い

鄴防衛戦で南西側を失った趙国は

南側でまだ残っている土地

平陽を秦国から死守するために

大軍を派遣します。

鄴攻めから2年後に平陽を廻り

桓騎と邯鄲の守護神・扈輒将軍は壮絶な攻防戦を

繰り広げます。

桓騎はこの戦いで

扈輒将軍を討ち取り

10万人もの趙兵を斬首したと言う記録が

残っています。

首切り桓騎の異名は

この記録が元になっているのでしょう。

10万人もの趙兵を斬首と言う事からも分かるように

大きな戦です。

なので新シリーズは桓騎を総大将にして

信が将軍の一人として参戦し

この平陽の戦いから始まるのかもしれませんね。

韓攻略戦

新シリーズは一気に話が進んで

鄴攻めから5、6年後の

韓攻略戦から始まるのかもしれません。

秦が趙国を攻めている中

それを戦々恐々として見ていた韓。

風前の灯火だった韓ですが

滅亡する前にスパイや使者を送るなど

外交の力で延命を図ります。

当時の秦国は土地が貧しく

楚国の十分の1も作物がとれませんでした。

ここに目をつけた韓は

水利技術者の鄭国(ていこく)を秦国に送り込み

灌漑工事を進めさせます。

これによって

人とお金を疲弊させて

軍を起こす余裕をなくさせようとしたわけです。

最終的には

鄭国(ていこく)がスパイだと言う事がバレてしまうのですが。

他にも韓非子を和睦の使者として派遣するなどの策を講じますが

これも李斯によって阻止されてしまいます。

このように韓は色々な策を持って延命を図りますが

それも虚しく終わり

最終的には韓攻略戦が始まってしまいます。

この韓を滅ぼす人物が騰大将軍です。

戦国七雄の一つ

韓が滅びる戦いですから

飛信隊の新シリーズの初陣は

この韓攻略戦から始まるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました