【キングダム 652話考察】魏軍以外の役者は揃った什虎の戦い!対戦武将について考えてみた

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 652話考察】魏軍以外の役者は揃った什虎の戦い!対戦武将について考えてみた

援軍合戦になった

今週のキングダム651話「援軍来たる」。

秦国からは騰軍が到着。

この援軍は騰自らが率いており

規模は2万で録鳴未も連れてきています。

思ったよりも騰の援軍は多かったですね。

しかも騰自らが援軍にきてくれました!

昌平君の話では

騰本人は来ない事になっていたという事なので

これは嬉しい事ですが

裏を返せば什虎の戦いが

それだけ厳しい物になると判断したようです。

それにしても騰はこんなに援軍を送って

対魏軍の方は大丈夫なのでしょうか?

対魏軍に残された将軍は

隆国、干央の2名になります。

騰が大丈夫と判断したのですから

この2人がいれば大丈夫と言う事なのでしょう。

対する楚国からは項翼と白麗が到着。

どちらも将軍に昇格しており

1万五千づつの計3万で援軍に駆けつけています。

項翼は騰軍の存在には気付いているのか

気付いてないのか分かりませんが

今は蒙武しか見えてないようですね。

蒙武の首を奪ってやろうという気持ちに

満ち溢れています。

この函谷関以来となる

蒙武と騰のタッグ計5万VS什虎軍+項翼と白麗が加わり

計11万の楚軍との対戦となった什虎の戦い。

騰軍の到着で戦況的には少しましになりましたが

まだ数では圧倒的に不利な秦軍。

蒙毅の心境としては什虎城を落とすには

魏軍の参戦が必須と考えています。

十万越えの大軍を相手にしてからの

城攻めですからね。

いかに蒙武と騰の実力がズバ抜けていると言っても

魏軍の力は必須と言えるでしょう。

それにしても

満羽と千斗雲は変なキャラですね!w

本陣の合図を待たずして

蒙武の首を取るために出陣してしまいました。

千斗雲に関しては

出撃合図が聞こえた気がすると

自己解釈して出ていってしまいました。

これって軍令違反なのでは?w

と思うのですが

二人はこういう奇天烈キャラなのでしょう。

本陣にいる寿胡王は

いつもの事かと言わんばかりに

何の合図を送るわけでもなく

冷静に二人の様子を見ているだけです。

両国の援軍が到着したことによって

魏軍を除く役者が什虎に揃ったと思うので

今回は

什虎の戦いにおける対戦武将

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

蒙武VS満羽

蒙武の狙いは満羽。

満羽の狙いも蒙武という所を見ると

この対戦はすぐにでも実現されそうですね。

蒙武に関しては

敵本陣を討つ作戦を変えてまで

満羽の所に向かおうとしています。

それにしてもこの満羽。

なかなかの怪力キャラですね。

近くにいた秦兵が言うには

体の大きさは蒙武並かそれ以上。

片手で矛を振り回し

馬ごと真っ二つにしています。

秦軍との決戦が決まったときに

拳を勢いよく鳴らしてい事と

進軍する時の大きな体つきから

自分の力に自信があるキャラだとは推測していましたが

最初の頃の裸でピョンピョンしていた時の印象とは

大分違いますね。

この怪力度合いから考えると

蒙武とは良い勝負になりそうな感じもあります。

スポンサーリンク

騰VS玄右

騰の援軍は軍を二つに分けました。

左翼には騰軍1万

右翼には録鳴未軍1万で攻め込んでいます。

この事から順当に行けば

騰は玄右とぶつかる事になります。

戦馬鹿の中では少し影の薄い玄右将軍。

得物は剣で、進軍の時に

近くに武器を運ばせている礎兵がいる事から

二刀流という可能性もありそうです。

そんな玄右は

満羽と千斗雲のボケに対して

冷静に的確にツッコミを入れています。

冷静で的確な判断ができる玄右は

周りが見渡せる

騰と同じ万能型の将軍なのかもしれません。

得物も考え方も似ている両者

この戦いも見応えがありそうです。

もしかすると玄右将軍の影を薄くしているのは

騰にあっさりとやられる為の

伏線とも考えられそうですが。

録鳴未VS千斗雲

右翼を受け持つ事になった録鳴未は

順当に行けば千斗雲とぶつかる事になりそうです。

性格はふざけてる千斗雲ですが

戦闘に入れば人が変わるのでしょう。

恐らくは冷徹な戦闘狂だと思われます。

進軍の時のこの表情見て下さい。

目がつり上がっています。

血を欲している表情とも言えそうです。

細身の体つきと

纏っている雰囲気から

力で押し込むタイプではなく

矛を使ってテクニック

技術を駆使して相手を切り刻む

タイプなのでしょう。

これには録鳴未、苦戦しそうですね!

キングダムにおいて

相手の力量を計る為に苦戦するのも

録鳴未の役割と言ってよさそうですが。

項翼と白麗

一番遅くに到着した項翼と白麗軍。

彼らの行動が気になる所です。

考えられそうな動きとしては

2つ考えられそうです。

まず一つ目の行動としては

項翼と白麗で蒙武を狙うという作戦です。

満羽と項翼、白麗の三位一体で蒙武を狙えば

いかに蒙武としても

苦戦もしくは討ち取られてしまう可能性も

ありそうです。

白麗の弓は

中華十弓にも数えられるほどの腕前です。

蒙武としても白麗の弓を気にしながら

満羽と項翼の二人を相手にするのは

骨がおれる戦闘になるのは間違いなさそうです。

もう一つは騰を狙う事も考えられそうです。

今は項翼は騰の存在には気付いてなさそうな

感じがありますが

騰を見つけるのも時間の問題でしょう。

項翼と白麗は騰に強い執着があります。

それは函谷関の戦いで

騰が臨武君を討ち取っているからです。

項翼は臨武君の事を

心から尊敬していましたし

白麗は実の姉を未亡人にされています。

この事から項翼と白麗は

騰に強い恨みを持っている事が考えられます。

しかも項翼は一度、騰と対戦していて

臨武君の仇を討てず悔しがっていました。

正攻法で考えると

秦軍の総大将をである蒙武を狙った方が良いとは思いますが

項翼の性格を考えると

騰への気持ちが抑えきれなくなり

暴走する可能性もありそうだと思いました。

その場合には

白麗だけは蒙武の所に置いていくのか

一緒に騰の所に行くかは分かりませんが

冷静に物事を判断できる白麗です。

状況に合わせて

より討ち取れる可能性が高い将に合わせて

行動を変えてくる事が考えられそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました