キングダム 689話ネタバレ考察予想!信VS岳白公の一騎討ちの行方

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム ネタバレ 最新話】キングダム689話ネタバレ最新話考察

おかしな体術を使う岳白公に信の攻撃は空を斬るばかり!
信は岳白公を捉えられずにいます!
何かに気づいた信は尾平を呼び出します!
尾平を呼び出したのは王騎の矛を預けるためでした!
大きな矛では分が悪いと悟った信は漂から受け継いだ剣に持ち替えます!
剣に替えたことによって格段にスピードが上がった信!
信の反撃が、ここから始まります!
キングダム688話「動きの勝負」

この話を見てもらえると信と岳白公との一騎討ちの行方について分かると思うので最後まで見てってくださいね。
まずは本題に入る前にキングダム688話「動きの勝負」のストーリーについて紹介させてもらった後に、本題の考察に入っていきますね。

信の矛を寸前の所でかわす岳白公。
当たったと思っても残像を斬るばかりで本体を捉える事ができません。
そんな時に信は戦闘中にも関わらず、尾平を呼び出します。
尾平を信の所に向かわせるために歩兵団は必死に道を作ります。
尾平が急いで信の所に向かっていると、岳白公に吹っ飛ばされた信が上から飛んできます。
これを上手くキャッチした尾平。
苦戦を強いられる信を見て、尾平は心配そうな顔をしています。

岳白公の速さだけなら目で捉えている信ですが、妙な動きに翻弄させられて残像を斬ってしまうようです。

「何で呼び出した」と信に問う尾平。
信は「大した用じゃねぇ」と言います。
これには尾平も「大した用じゃないなら呼ぶなー」と叫びます。

しかし信は続けて言います。
岳白公を倒すためには重要なことだと言い、王騎から受け継いだ矛を尾平に預けます。

ここで信の狙いが分かります。
信は尾平に大事な矛を預けたかったのです。
なぜ尾平に大事な矛を預けたのか?
尾平は信の初陣から共に戦ってきた、隊の中でも最古参の男であり信頼できる人物だからです。
尾平は信が目指す天下の大将軍を長きにわたって隣で見てきました。
弟である尾到は信の夢を叶えるために体を張って信を守り、命を落としました。
弟の尾到の想い、そして長い間そばにいたため、飛信隊の中では誰よりも信の夢を長く応援しています。
鄴攻めの前には王騎の矛を持つ信を見て、号泣してしまうほど信には思い入れがあります。
そんな尾平だからこそ信は矛を預かってほしいと思ったのかもしれません。

信が王騎の矛を使い出したのは鄴攻めに入ってからです。
なので矛を使い出してから、そんなに日が経っていません。
まだ完全に使いこなしてるというわけではないようです。

ここで信が次に取り出してきた武器は漂から受け継いだ政の剣です。

大きな矛では分が悪いと悟った信は漂から受け継いだ剣に持ち替えます。
これは岳白公の俊敏な動きについていくためです。
新兵の干斗たちは信の初めての剣を使う姿を見て驚いています。
信は四千人将に上がるまでは、剣を使っていました。
なのでこの剣一本で出世してきたといっても過言ではありません。

信が剣を取り出したことによって、岳白公も月刀(げっとう)いう剣に替えてきます。

序盤は久しぶりの剣の扱いに戸惑い、岳白公に押し込められてしいます。
しかし信はだんだんと剣を使っていた頃を思い出してきます。
漂との真剣勝負の日々でも思い出しているんでしょうか?
戦闘中にも関わらず、顔から笑みがこぼれています。

だんだん強さが加速していく信。
信は自由に踊るように剣を振り回して岳白公を翻弄していきます。
そして信の剣がついに岳白公を捉え出します。

信の剣は人から習ったものではなく、漂と真剣勝負を何千回も繰り返していくうちに身につけた独自の剣闘術です。
型はあってないようなものです。 
さらに王騎の重たい矛を扱っていたので、軽い剣に持ち替えると以前よりもスピードとパワーも格段に上がっていたのです。
この型の無い、舞うような剣技に、周りにいる飛信隊の隊員、趙軍も驚いています。

尾平は近くで一騎討ちを見ていて、少年時代の信と漂との修行の日々を思い出していました。
そして最後に、信は剣術の一つ覚えだけで将軍にまで登り詰めた男だからなと叫びます。

剣術だけではないと思うよと昴に突っ込まれています。
昴、ナイスツッコミです!w
剣の腕前だけで将軍にはなれませんし、人も統率できませんもんね。

変則的な動きで岳白公を追い詰めだした信。
岳白公にまだ焦りはありませんが、思い通りにいかずキレています。
影丘の勝敗を分ける戦いの終結が近づいてきました。

なので今回は信と岳白公との一騎討ちの行方について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

岳白公

馬をも吹っ飛ばす怪力の持ち主、岳白公。
一見すると怪力将軍にも見えますが、岳白公の強さの秘密はおかしな体術にあります。
岳白公はこの体術を使い、残像を作り出すほどのスピードで動いています。
つまりは岳白公の体術の真骨頂は、そのスピードにありそうです。
恐らくは歩き方、足の動かし方が普通とは違うのでしょう。
呼吸法や気功という可能性もありそうです。
羌礼でさえ初見では、岳白公の体術が何なのかまでは分かっていませんでした。

片足で立つ変な構え。
体術使いを全面的にアピールしています。

そして極め付けは、岳白公が根暗デブということです。
すいません、言い間違えました。
冷静沈着なデブでした!w
巨体の武将は声を荒げて突進するタイプが多いですが、岳白公はそういったタイプとは違い常に冷静です。
この感情が表に出ない冷静さが、ちょっと怖いですね。

岳白公は長いこと引きこもりすぎて、屈折した思想を持っています。
暴力には暴力って!w
中二病がいきすぎると、こうなるんでしょうかね?w
良くは分かりませんが。

何が言いたいかというと、岳白公は殺しを楽しむタイプ、快楽殺人者の匂いがプンプンするということ事です。
少し前の羌礼と通じる所、同じ雰囲気があります。

しかも本当の武器は剣ときています。
鉄球から剣に替えてきた時に、一対一の戦いの武を極めていくと得物は短くなると語っていました。
更に巨体にも関わらず、このスピード。
そして根暗。

これらを考えると岳白公の体術とは暗殺術からきている可能性もありそうです。

スポンサーリンク

影丘の現状

桓騎軍左翼を任せられている飛信隊には時間がありません。
なぜなら敵の後軍の本体が影丘の戦場に迫ってきているからです。
亜花錦の見立てでは、後軍が到着すればひとたまりもないと計算しています。
天才・亜花錦ですから、この計算に間違いはないのでしょう。

亜花錦隊がこれから後軍の本体に横撃をかけてくれるようですが、亜花錦隊はそんなに数がいてません。
なので大した時間は稼げません。
敵の後軍が目で捉えられる距離にいることから、残りの時間はわずかです。
なので信は敵の後軍が到着するまでに、岳白公を討ち取らなければなりません。

この後軍と岳白公軍の数を合わせると、趙軍はまだまだ数では圧倒的に有利です。
信が岳白公を討ち取った後の展開が少し気になる所ですね。

李信

今まで王騎の矛を使っていた信が、より軽く手に馴染んでいる剣に得物を替えたことによって、信の攻撃がだんだんと岳白公に命中するようになっています。

この一戦で信は新たな物を手にしそうな感じがあります。
つまりは信にはまだまだ成長の余地がありそうとう事です。

王騎の矛を使っていた時の信の動きは、どうしても矛のリーチがあったので、剣の時のように身軽に飛び回るような戦闘シーンはありませんでした。

信が剣を使っていた時代は相手の懐に飛び込んむ接近戦や、時には高く飛び上がり武将の首を奪っていました。

信が漂から受け継いだ剣に持ち代えたことによって、リーチが短い分、相手の懐に入って行かなければなりません。

岳白公のスピードは残像が残るほどの速さがあります。
なのでこのレベルで戦う信は、今までにないスピードで戦うことになります。
この岳白公の一戦で信が得られるものは大きそうです。

次号ぐらいにはこの一騎討ちはケリがつきそうですね。

敵の後軍が迫っているというのもあるんですが、尾平が少年時代の信と漂との修行の日々を思い出している事も理由の一つにあります。

ヤングジャンプの28号では信と漂が表紙になっていました。
この時はあまり何も思わなかったんですが、これは漂から受け継いだ剣で岳白公を討つと言うメッセージが込められていたんだと思いました。

この682話の崖上の攻防では飛信隊の歩兵団が影丘の登頂に成功した話が描かれていました。

なので信が漂から受け継いだ剣を出した今、信が岳白公を討つのはもうすぐだと言えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました