【キングダム 651話考察】什虎の戦い開戦!秦・魏・楚の三国の思惑!蒙武&騰や呉鳳明、媧燐の考えについて

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 651話考察】什虎の戦い開戦!秦・魏・楚の三国の思惑!蒙武&騰や呉鳳明、媧燐の考えについて

キングダム650話では

秦魏同盟の返答を待たずして

蒙武軍3万VS什虎城を守る戦馬鹿たちの

楚軍8万の戦いが

インターバルを置く事なく

開戦してしまいました。

今回の戦いに軍師として参戦している

蒙毅の必死の説得にも

蒙武は耳を傾ける事なく

楚軍に攻撃を仕掛けてしまいました。

この時

蒙毅はせめて騰軍が援軍に来てからと

蒙武を説得しています。

正確には蒙毅のこの発言は

「騰将軍からの援軍」です。

と言うことは

騰自らは来ないようですね。

秦魏同盟の回答がない以上

騰としても対魏軍に張っている防衛拠点を離れて

援軍に行くということは不可能です。

秦魏同盟の目的

邯鄲攻めをしている秦軍の背後を狙う

魏軍の脅威を取り除き

対魏軍に張っている騰軍を

対趙戦線に送ると言う事でした。

蒙毅が言うには

あと半日足らずで

騰将軍からの援軍が到着すると言う事なので

騰は誰かを援軍に送った事が考えられそうです。

騰軍の主力は騰を筆頭に

録鳴未、隆国、干央で構成されています。

騰は誰を援軍に送ったのかが

気になる所ですよね。

他にも

未だ秦魏同盟の返事を返さない、呉鳳明。

什虎城に援軍を送ったと言う媧燐。

秦、魏、楚の三国の思惑が渦巻いている

この三国間の戦い。

なので今回は

三国の思惑や、騰は誰を援軍に送ったのか

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

騰軍

先ほど紹介させてもらった通り

騰軍の主力は騰を筆頭に

録鳴未、隆国、干央で構成されています。

蒙武との相性を考えると

什虎城の戦いには

隆国が援軍に行くと考えられそうです。

隆国は馬陽の戦いで

敵本陣に蒙武を見事に道案内した事から

その腕を高く評価されて

蒙武からスカウトを受けています。

隆国はこの誘いを断りましたが

それだけ蒙武から信頼されている

と言う事になります。

なので什虎城の戦いに援軍に行くのは

4人の中で考えると

隆国が選ばれる可能性が高そうです。

全体の戦略を練るのは軍師の蒙毅がやり

主功に蒙武を置き

現場での全体を見渡せる隆国が

細かい所をケアするような戦術で

楚軍に当たるのではないのかと思いました。

それにしても蒙武は

楚軍8万に対して3万の軍勢で突っ込むなんて

無謀としか思えないのですが

援軍以外の策がるのか?

ただ単に自分の力に自信があるのか

二倍以上の軍の規模ですからね

武力だけで

突破できるほど甘くはないように思うのですが。

騰軍からの援軍にしても同盟の返事がない以上

騰軍は持ち場を離れる事ができないので

大規模な援軍は送れないはずです。

以前から

対趙戦線に援軍を送っている事を考えると

限界ギリギリの状況です。

援軍は良くて2万程度。

悪ければ1万以下も有り得そうな話です。

やはりこの戦いの勝敗の決め手は

蒙毅のいう通り

魏軍にかかっていると言えそうです。

スポンサーリンク

呉鳳明

未だ秦魏同盟の返事を返さない、呉鳳明。

これはわざと返事を返さないんだと

思えてなりません。

呉鳳明は頭の良い人物です。

なので

なるべく自軍を傷つけずに

什虎城を取りたいと考えていそうですし

なんならこのまま返事を返さず

秦国と楚国がぶつかり

両国が疲弊してくれればラッキーくらいに

考えているのかもしれません。

野心家の呉鳳明の事です。

少ない犠牲で什虎城を取れるなら

取りに行く男なのは間違いなさそうです。

なので秦軍が攻勢に出た時

什虎城を落とせそうなタイミングになったら

出ていこうかなと考えているのかもしれません。

何にせよこの戦いは

秦軍と魏軍が同時に楚軍を攻めて

初めて成功するという蒙毅の言葉の通り

魏軍が動かなければ

どうしようもなさそうです。

なので

援軍も期待できない苦しい状況の蒙武軍ですが

まずは攻勢に出て

魏軍のヤル気

呉鳳明を動かす必要が有りそうです。

媧燐

媧燐は今回の蒙武軍が攻めてきた意図

昌平君の意図を計りかねている状況です。

しかし媧燐はそんなことはおかまいなしと

チャチャッと終わらせるために

什虎城に援軍を送ったと言います。

媧燐は普通にやっても

什虎城は絶対に落ちないと言います。

それは什虎城を守る

今回紹介された新キャラたち

戦馬鹿たちの事を

高く評価しているからです。

信頼が厚いとも言えそうです。

今の戦況は

蒙武軍3万VS楚軍8万の

秦軍にとっては圧倒的不利な状況です。

後ろに

什虎城の守りを固めている5000人の楚軍の事も考えると

尚更です。

ここに媧燐は更に援軍を送っています。

昌平君の意図はわからないが

そんなものは関係ない

圧倒的な数の武力で

一気に秦軍を蹴散らしてやろうという考えが

援軍を送った所からも考えられそうです。

対楚全戦地帯の蒙武の本陣を動かせない事

動かせるとしたら

対魏軍に張っている騰軍辺りという所まで

媧燐は読んでいます。

相変わらず、よく状況が見えています。

しかし媧燐を含め、会議をしている文官たちは

蒙武軍が進軍してきたにも関わらず

一つの動揺も見せず

至って冷静です。

それほど自分達の力に自信がある事が

この表情からも読み取れますね。

焦っているのはバミュウぐらいのものです!w

ただバミュウは

秦軍に対して焦ってるのではなく

媧燐に動揺しているだけですが!w

コメント

タイトルとURLをコピーしました