【キングダム 652話考察】弱点にもなり得る「楚軍の連携」”什虎軍+項翼と白麗”は はたして一つになれるのか?

週刊誌考察予想
動画で楽しみたい方はコチラ↓↓↓
【キングダム 652話考察】弱点にもなり得る「楚軍の連携」”什虎軍+項翼と白麗”は はたして一つになれるのか?

什虎の戦いに援軍として駆けつけた

項翼軍と白麗軍の3万。

これに什虎軍8万を合わせると

楚軍は計11万となります。

はたして什虎軍8万と項翼と白麗の軍3万が

連携を図れるのかにつて

考えていきたいと思います。

もっと言えば楚軍11万は

軍として機能するのかと言う事になります。

什虎軍の本陣を任されている寿胡王の反応を見る限り

禍燐から送られてきた援軍

項翼と白麗の存在については

什虎軍から要請した物ではなさそうです。

もしかしたら

王都・郢から何の連絡も受けてないと言う

可能性さえありそうです。

什虎軍からすれば、頼んでない上に

嫌っている連中が来た事になります。

什虎4将は元々は楚に吸収された

亡国の大将軍たちです。

楚に忠義がない彼らは

楚国のための大きな大戦には参戦しないものの

攻めてくる敵に対しては喜んで戦います。

なぜなら戦馬鹿と呼ばれている通り

彼らは心から戦を愛しているからです。

三度の飯より、戦が好き!w

ある意味、変態です!w

そんな什虎軍と

援軍できた項翼と白麗の軍が

上手く噛み合うのか?

と言うのもありますが

什虎軍の中でも

連携がとれていない様子があります。

満羽、千斗雲の2将は本陣の合図を待たずして

勝手に動き出しています。

本陣にいる寿胡王は

いつもの事かと言わんばかりに

何の合図を送るわけでもなく

冷静に二人の様子を見ているだけですが

命令通りに動かない部隊がいる時点で

寿胡王の本陣は

自分達の描いている策を出す事もできません。

しかもそれが主力の部隊の上

2つの部隊の一つは総大将の満羽です。

これはもう軍として機能してないと言えそうです。

こんな状況の中

項翼と白麗の軍は本当に連携を図れるのか?

せっかくの援軍は

戦力として数えられるのかと言う疑問さえあります。

災厄の場合

寿胡王辺りから

項翼たちの参戦は断られる可能性さえありそうです。

ここは戦力的に十分ですので

什虎城の防衛をよろしくお願いしますとか

言われかねないと思いました。

什虎4将は楚に忠義がありません。

それだけでなく

自分の国を楚国に滅ぼされています。

なので

少なからず遺恨がまだあるようです。

楚国のための大きな大戦に

参戦してない事が

まだ遺恨がある理由になります。

まだ楚国のために働くには

気持ちが割り切れてない

整理できてないとも言えそうです。

什虎軍の中だけでも連携がとれてない中で

はたして

項翼と白麗の軍は戦いに入っていけるのか?

什虎の戦いにおける楚軍の連携

について考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

什虎軍

什虎軍の中でさえ

上手く連携が図れてない様子が

描かれています。

無敗を誇る什虎4将は

今までどうやって戦ってきたのか?

満羽や千斗雲の率いる単軍での力押しによる攻撃で

これまでは什虎城を守ってきた事が考えられます。

なぜなら

什虎軍本陣から「いつもあの二人は」

と言う声が出ています。

なので

満羽と千斗雲はいつも本陣からの命令を聞かずに

飛び出している事が考えられます。

什虎4将の内、

将が勝手な動きをしていることから

これはもうと呼べるような物ではないですね。

什虎軍本陣は何のためにあるのか

今の段階では存在理由がありません。

よく今まで無敗でこれたものです。

これは相手に恵まれてきただけなのか

それとも

満羽や千斗雲の単軍の力が物凄いとしか

考えられません。

でなければ

こんな戦略もない戦い方で

無敗の記録は作れないからです。

スポンサーリンク

項翼と白麗

こんな戦況の中で

項翼と白麗の軍はどうやって連携を図り

戦うのか?

もうすでに什虎の戦いは

始まっています。

什虎軍8万が蒙武軍3万を包囲する形で

始まったこの戦いは

騰軍が援軍に来た事によって戦況が動きます。

左翼を任された騰軍

右翼を受け持つ事になった録鳴未軍は

総大将蒙武を守るために

千斗雲と玄右とぶつかる事になりそうです。

騰軍が参戦しても

そう簡単には什虎軍が蒙武軍を包囲した状況は

変えれないと思います。

なぜなら

数の力で劣っていると言うのもあるんですが

後から来た項翼と白麗の存在です。

千斗雲と玄右軍の横腹を上手くつけても

数は両翼とも倍の兵数がいるので

千斗雲と玄右の両将に届く前に

立て直しを図られる恐れもありますし

時間をかけ過ぎれば

その背後を項翼軍と白麗軍に狙われ

挟撃される可能性さえありそうだからです。

戦場を広く見渡せる騰の事です。

いち早く項翼と白麗の存在には気付いていそうです。

項翼は蒙武の首を討ち取る気満々です。

しかし

すでに蒙武軍を包囲している什虎軍。

満羽軍にしても

蒙武軍をすでに半分包囲しているような状況です。

こんな混戦の中を

項翼と白麗の軍が満羽軍を押しのけてまで

蒙武軍の前に自分達の軍を展開する事は

難しいように思います。

今まで連携を図ってきた軍同士であれば

上手く連携を図り

入れ換えなども可能かもしれませんが

什虎4将と項翼と白麗は初顔合わせの可能性もあります。

なので項翼たちはひとまずは

什虎軍本陣近くで待機と言う事も

考えられそうです。

項翼たちと什虎軍がとれる理想的な連携としては

混戦となっている蒙武軍を狙うのではなく

まずは千斗雲と玄右と連携して

騰軍と録鳴未軍に挟撃を仕掛ける事だと思います。

しかし

什虎4将がそれを許すのかが

ポイントになってきそうです。

満羽達にとっては禍燐から送られてきた援軍は

招かれざる客です。

よく思ってない

嫌っている項翼と白麗の中央軍と言うのもありますが

彼らが活躍する事によって

戦果を取られるのを

満羽達は嫌がるのではないかと思いました。

戦争がしたくてウズウズしている戦馬鹿たちです。

みすみす好意を持ってない

項翼たち中央軍に自分たちの戦いを

譲る気はないと言う事も考えられそうです。

最終的には

この連携の悪さをつかれ

数で圧倒していた楚軍ですが

秦軍の奮闘により

魏軍の到着を許す結果に

つながるのではないかと推測します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました